よくある質問



職業がアルバイトでもクレジットカードは作れますか?
クレジットカードの申し込み条件は、各クレジットカード会社によって異なります。 多くの場合「18歳又は20歳以上で日本国に在住している人」という条件が定められています。 年収や職業を申込資格にしているクレジットカード会社はほとんどありません。 したがって、形式的にはアルバイトでも無職でもクレジットカードの申込をする事はできます。 大切な事は審査に通って無事にクレジットカードを作る事ができるかですよね。 クレジットカードは、当然の事ですが使った分だけ支払いをしなければなりませんので、一定の安定した収入が必要です。 職業がアルバイトでも、勤続年数が1年以上あって安定した収入があるなど、一定の安定収入があると認められれば審査には通り、クレジットカードは作れます。 ただ、限度額はどうしても低くなってしまう事が多いです。 他方で無職の場合は、たくさんの株を持っていて配当金を受け取っているとか家賃収入があるなど、よほどの資産などがない限り審査に通るのは厳しいでしょう。 注意しなければならないのはクレジットカードの審査に落ちた場合の原因と解決法でも説明しているようにクレジットカードの審査はたくさんの要素を総合的に考慮して決定されますので、職業というのは審査項目の1つであって、それだけで審査に通るかどうかが決定されるわけではないという事です。 アルバイトだから審査に落ちたと思っている人も、実は消費者金融に借金があるなど別の原因かもしれません。
専業主婦でもクレジットカードは作れますか?
結論から申し上げると収入が無い専業主婦でも基本的にはクレジットカードは作れます。 ただし、どのような形でクレジットカードを持つようになるかは各クレジットカード会社によって異なります。 一番確実なのが、夫(旦那)に収入がありクレジットカードを持っている場合、その家族会員カードとしてクレジットカードを持つ事です。 ほとんどのクレジットカードで、家族カードというのが発行可能であり、無料やメインのカードよりも割安になっています。 家族カードの場合、メインのカードを持つ夫の信用によって発行されますので、自分に収入が無い専業主婦でも問題なくクレジットカードを持つ事ができます。 家族カードでなくても、イオンカードのようにショッピングモール、スーパー、デパートなどで発行されているようなクレジットカードであればポイントカードと兼用になっている事も多く、自分の名義でクレジットカードを持つ事ができます。 申込用紙に夫(旦那)の職業や収入を書く欄がありますので、そこにきちんと書ける職業や収入があれば審査にも通るでしょう。
旅行保険の「自動付帯」と「利用付帯」って何が違うの?
特に海外旅行に行くときに多いのですが、万が一の事故や病気などに備えて保険に入りますよね。 クレジットカードによっては、その旅行傷害保険が特典として付いているものがあります。 この旅行傷害保険についてはいろいろ注意しないといけない事が多いのですが、とりあえず今回のご質問は「自動付帯」と「利用付帯」の違いです。 自動付帯というのは、クレジットカードを使わなくても旅行中にケガや病気をした時に自動的に保険が適用されるものを言います。もっと言えば、そのクレジットカードを旅行中に持っていなくてもかまいません。 まぁ、実際はクレジットカードは財布に入れているはずなので、そういうケースは少ないと思います。 とにかく、クレジットカードを作るだけで万が一の場合に保険が適用されるのが自動付帯です。 これはすごく便利ですよね。だからこそ旅行によく行く人は自動付帯の旅行傷害保険が付いているクレジットカードがおすすめなのです。 他方で利用付帯ですが、これは各クレジットカード会社によって条件が異なるので注意が必要です。 多くの場合は旅行中の公共交通機関(電車やバスなど)の料金をクレジットカードで支払うか、旅行のツアー代金などをクレジットカードで決済した場合に限って保険が適用されます。 自分が持っているクレジットカードの旅行傷害保険がが利用付帯の場合、何かしらそのカードを使わないと保険が適用されないのです。何も使わずにケガや病気になったとしても保険金がもらえませんので要注意です。 クレジットカードの旅行傷害保険については奥が深く他にも説明したい事はたくさんありますが、今回はここまでにしときます。
メリット・デメリットは?
最近では、ゴールドカード業者も増え、業者によってのメリットが違うプランが出てくるようになっております。特に値段は大きく違うことがありますので、十分にご確認くださいませ。また、単純に値段だけで、選ぶものでもありません。大手などは安心感がありますし、費用も、格安になってきております。数多くの方々にご利用いただいております。ぜひご検討くださいますようお願い申し上げます。 私は、少し前まで買い物は全て現金で支払っていました。私自身も、クレジットカードを使うと金銭感覚が狂って浪費癖がついてしまう気がしていたのと主人が、大のクレジットカードが苦手でしたのでカードを使う機会がありまりありませんでした。大きな買い物の時も、お金が貯まるまで我慢で絶対にクレジットカードは使いませんでした。 でも、不景気になりお金を貯めるまでまっていたら大きな買い物が出来ない状況になってきました。 マスコミでもクレジットカードの上手な使い方で、節約が出来るなどの情報が多く流れるようになり頑固な主人のクレジットカード嫌いの考えが、段々変わってきました。私も、アルバイト先で多くのお客さんがクレジットカードで支払うのを見て考えが変わりました。クレジットカードを使う事によって今は、いろいろなメリットがあります。ポイントが貯まったり、クレジットのみに使える割引があったりします。 最近は、私もクレジットカードを利用するようになりました。 今は、何故今まで使わなかっただろうと思っています。
なぜカードの裏面にサインが必要なの?
カード裏面のサインはカードを保有している本人が本当にクレジットカード会員であるのかを証明するためのものです。サインが記入されていないと加盟店で利用できません。また、盗難・紛失など不正使用されたときに損害額が補償されないリスクがあります。裏面の署名欄にはボールペンか油性のサインペンでサインをしましょう。
申込の時に記入した暗証番号って何に使うの?
申込の際に4桁の数字からなる暗証番号を設定する必要がありますよね。これは自動音声応答サービスやキャッシング一括、キャッシングリボなどを利用する時に求められます。また、ショッピング利用時にも暗証番号が必要な場合があります。